短期バイトか長期バイトか

短期バイトのメリット・デメリット!

短期バイトのメリットとして、自分の都合に合わせて働けるということがあげられます。普段は部活や勉強で忙しく、夏休みや春休みなどの長期休みにしか稼げないという方や、土日に集中して1万円などの大きな額を稼ぎたいという方は、短期バイトに向いているかもしれません。また、短期バイトの場合は面接がなかったり、あっても形式的なものが多いので採用されやすいということもメリットです。デメリットとしては、短期集中型なので安定して稼ぐことができないということがあげられます。そのため、常に求人をチェックして都度応募する必要があります。また、短期バイトの場合、大量募集であることが多いので、誰でもできる単純作業も多く、スキルがつきにくいことが多いです。

長期バイトのメリット・デメリット!

長期バイトのメリットとして、通年を通して安定的に収入を得やすいということや一緒に働く人が固定化するので友人や恋人が作りやすいということがあげられます。「学生時代のアルバイト先で結婚相手を見つけた」という方もいるので、出会いを求めている場合は、長期バイトを探すのもいいかもしれません。また、長期で働くことが前提なので、スキルがつきやすいということもあげられます。そのため、将来の就職活動の際に、アピール材料を作りたいという場合に役に立つ経験となるでしょう。デメリットとしては、基本的に面接があるということがあげられます。気になる求人があって応募しても残念ながら面接がうまくいかず、なかなか働けなかったり、何度も落ちているうちに心が折れてしまうということもあるでしょう。

工場の転職をしてから後悔しないように、数ある求人の中から優良な勤務先を見つけられるように、求人選びのコツをおさえておくことが大切です。