シフトが柔軟であるか

学生アルバイトはシフトの柔軟性が重要

学生がアルバイトを探す際に重視したいのが、シフトが柔軟であるかという点です。学生は言うまでもなく勉強や学校が第一。テスト、補習、卒論、学業に時間を多く使わなければならないタイミングは数多くあるでしょう。そんなときは、学校や勉強の状況に合わせて、アルバイトのシフトを柔軟に調整する必要があります。学生であるということを加味し、学校や勉強を優先させてくれる職場なら安心です。しかし、シフトの調整をなかなか認めてくれなかったり、シフトに多く入ることを強要したりするアルバイトは学生には向きません。アルバイトを優先した結果、進級や卒業など大事な部分に影響が出てしまっては本末転倒です。バイトの面接時にも、シフトを調整させてくれるかどうかは確認しておいた方が良いでしょう。

シフトが柔軟なアルバイトにはどんなものがある?

シフトが柔軟なアルバイトの条件はさまざまです。まずは、スタッフの人数が多い職場が挙げられます。働いている人が多ければ、仮にシフトに入れない期間ができたとしても、ほかのスタッフがカバーしてくれることも多いでしょう。また「学生歓迎」などと掲げられているアルバイトもおすすめです。最初から学生を歓迎している職場は、学生が学校や勉強を優先させなければならないことを加味している場合が多く、シフト調整にも柔軟に応じてくれる傾向にあります。具体的には、コンビニや飲食店などがシフト調整しやすい職種としておすすめです。ただし、従業員が少ない職場は、シフトが動かしにくい可能性もあるため、面接の際、スタッフが全部で何人いるのか尋ねてみると良いでしょう。

屋内で作業することの多い工場の募集は、季節を問わず実施されています。化学薬品を取り扱う場合もあるため、働く際にはマスクを着用します。